よしままのブログ

自分のマイノリティな恋愛観で30歳で性格にも難があるのに理想の旦那さまとしあわせな毎日を送れる事への感謝のブログです

初めてのお付き合い

最初の頃の恋愛には少女漫画の影響がとても大きくて夢を描いてました。


だからなのか、もともと誰かを好きになると何年も変わりません。


だから小学校や中学校で同じ学校内で付き合って、別れてまた別の人を好きになって別れたりする


という恋愛が理解できませんでした。心と心が通じ合い、生涯1人を愛し抜くような氣持ちが強かったです。


中学校で好きになった同級生は居ました。その人の想いは約2年半くらい片思いして


結局は卒業の時に第2ボタンをもらって終わりました。


高校で女子校に入り、部活に入りそびれてしまい声をかけられ仲良くなった少し派手な友だちが出来てしまい


何も分からないまま学校が終わって駅前に行くと他校の男子高生がたくさん待っていて

その頃は「紹介」という名目で合コンみたいな感じで誰が気に入った?どの人がいい?

みたいな感じで周りの友だちは付き合いだしました。

わたしはそれを知らなくて友だにどの人がいいと思った?

って聞かれて
選べないよ〜
と言うと


じゃー、マシなのどの人?
と言われるので、あの人かなぁ。


と言うと、なんとその男の人とわたしは付き合う事になっていました。。

展開の早さについて行けなかった事や断りきれなくて、そのまま付き合う事になりました。


わたし好きなんて感情もなかったし顔もタイプではありませんでした。


でもその彼はマメに電話をくれたり、爽やかな人でした。


でも人の感情がなんとなくわかってしまう敏感なところがあり


周りの友だちもキスをしたとか
ラブホへ行ったとか言い始めて盛り上がっていたので

その彼もキスやその先をしたくて仕方がない事がわかり始めると


好きでもない人と出来ないと思い
すぐにその彼には別れたいと言いました。


付き合ったとも言えないですね(笑)
それに男性から電話が頻繁だった事もあり


父はバイトも学校からの帰宅時間も厳しく言うようになっていました。もちろん外泊は友だち間でも禁止でした。


その頃、周りでは夜に遊びに行ったり泊まりで遊んだりする事が流行るようになっていたので


だんだんわたしはその友人たちと話がついて行けなくなり、お酒をのんだり王様ゲームをしたりHをする事がほとんどメインの生活になる友人たちの話にもついて行けず、つまらないと感じるようにもなり


1人で学校が終わってから家に帰る日々になりました。


何か生活を変えたくて
このまま高校生活を何もせず過ごしたくなくて


無謀ながらも高校一年生の秋に運動部のマネージャーに入りました。


女子校だったので部活の上下関係は厳しくて


同級生からも遊んでいたと言うイメージが強かったので1人の友だち以外、誰もわたしに話しかけてくれる人はいませんでした。


孤独だなと思う中、でもイジメられるよと運動部に入るときに元女子校運動部だった姉に言われていたので


仕方ないと思いながら
ただ毎日を過ごしました。
何でと思うかもしれませんが先輩の厳しい言葉にも耐える日々でした。


文化部だったときに親からも帰りが遅かったりフラフラ遊んでいるというイメージがついていたので


部活の辛かった毎日は親にも話す事も出来ずに毎日を過ごしました。


今でもその頃のことを思い出すと
いたたまれない氣持ちになります。


そこから運動部の同級生と馴染むまで寂しさとともに過ごしていました。


そして高校二年生からは部活漬けの毎日になりました。特に強いチームでもなかったのですが部活の泊まりなどみんなで泊まりに行ったりする時は楽しかったのを覚えてます。

 

 

正夢から始まった主人との恋愛

夫とは約10年くらい知り合いだったけれどお互い恋愛関係の対象ではないくらいのただの遠い知り合いでした。


でも19歳で初めて会った時は顔は好みでしたが話し方とか苦手な感じでオレがオレがみたいな話し方だったのと彼女いますよ〜って感じだったので全く恋愛になる事はなく


イベントやパーティやたまに見かける人ではありましたが接することもほとんどありませんでした。


その夫と付き合うきっかけとなった出来事は何かと言いますと


もう20代も終わりに近いときに数々の恋愛経験から男の人に絶望してた時期がありました。


男の人は浮気も当たり前で体の関係だけの浮気は当たり前で。責めると逃げる無責任。


女性と家族を、結婚した相手ただ1人を愛しぬくような人は居ないんだと絶望していた時期がありました。


少し鬱っぽくなっていて(笑)
もうわからないから寝る前に


神さま仏さまわたしの理想の夫はこういう人で理想の家族はこんな感じで、結婚したらこんな家族を作れる相手は誰ですか。出会ってたら教えてください出会ってなかったら出会わせてください。


みたいな事を言いながら思いながら寝るとゆー日々を過ごしていました(笑)


そしたら夢に見るわけですね👀
夫と付き合ってる夢を見るんです(笑)でびっくりして起きるんです。


でも起きた時に思った事は
でも電話番号もメールも知らないし会う機会なんて無いしなぁ。。
と思いました。


でもその2日後に新年会があるからとあまり誘われない友人からの誘いで行くと夫がその新年会に居るわけです。


もうね、2日前の夢だから1人であの夢は正夢だったのか?とドキドキ思うわけです。


でもその新年会は夫と違う女の子を付き合わせようかとゆー主旨の元に開催されていたらしく


わたしは盛り上げてねとガンガンお酒を飲まされるわけです。
ひどいでしょ〜


そして酔いつぶれたんですね居酒屋二件目で(_ _).。o○
そしてまた酷いことに置き去りにされて女子はみんな帰っちゃってるわけですよ。気持ち悪いわ頭がグワングワンしてるわで酷い状態でしたね〜。


でもですね、もう1人酔いつぶれて寝てる人が居たんです。

そうです、現在の夫も酔いつぶれて寝て居ました(笑)正確に言うとわたしは寝てるところを現夫に起こされました。


そして始発の時間まで2人で駅で過ごすことになるんですね〜
わたしはまぁ、前の彼氏などの愚痴をつらつら話すわけですが。。そんな話をふむふむと聞いてくれるんですね。


そんな男ばかりじゃ無い。
現におれの周りはそんなヤツ居ないしおれには理解できないそんな男。
と優しく話を何時間も聞いてくれてました。


わたしはもうこの時点で2日前の夢は正夢なのでは無いかと思い始めていました。


でも全く旦那はわたしには興味なしだということもわかっていました。


付き合った後に聞いた時もこの時はただ始発の電車まで1人でいるのが嫌だからわたしの話はめんどくさいけれど我慢して聞いてた(笑)と言ってました。


でもその数ヶ月後には旦那の方から言われてお付き合いする事になるわけです。本当に不思議ですね〜


そしてその一年後には結婚をする事になるわけですが。トントン拍子を絵に描いたようなお付き合いからの結婚になるわけです。


もしかしたら毎晩寝る前に理想の男性像と理想の家族を思い描いきながら教えてください〜って寝てると正夢みれるかもしれませんよ♫

 

 

 

 

はじめに

今現在、わたしは2人の子どもたちと旦那の義母さん義父さんと同居をし

 

 

幸せな生活と心の充実を得る毎日を過ごしています。

 

 

そんなわたしも旦那に出会うまでは酷い恋愛の数でした々(笑)

恋愛とも呼べるものではないです正直。

 

 

わたしは現代には似つかないマイノリティな恋愛観を持っているため

 

 

普通の人のようにお付き合いしたら好きになるという簡単な愛情はありません。

 

 どちらかと言えば情が湧いて付き合うという事でしょうか。

 

 

女子校女子大のために普段の生活から恋をしてお付き合いをすることもなく

 

 

合コンや友だちの紹介で知り合った人と付き合うのが周りは普通だったために

 

 

わたしもそれが普通だと自分に言い聞かせて、付き合いキスや初体験をしました。

 

 

でも心は違うと。

心が全く喜んでは居なかったので

何をするにも罪悪感に似た重い氣持ちでしかありませんでした。

 

 

そのうちにそれも慣れて

欲に溺れるようになり

 

 

そんな氣持ちなので

お付き合いの相手とも長続きはしません。

 

 

さらに癇癪持ちの父に育てられ

いつしかわたしも癇癪持ちで

平気で男性にも感情のままをぶつけるような性格でしたし。

 

 

本当に思い出すと

ため息が出るような酷いことばかりでした。

 

 

 

そんなわたしでも

全てを受け入れてくれる優しい旦那と出会い結婚をして

 

 

今までのカルマや癇癪も受け入れてもらえる今は本当に幸せ者だと痛感してます。

 

 

 

自分のマイノリティの恋愛観の経験と胸の内を書いたようなブログです。

 

 

でも今言える事は

焦らずにそのままで

ありのままのあなたに似合う

 

 

心から想える相手との出会いはある。

そのままでいいんだと

ブログを読んで思ってもらえたら幸いです。

 

 

誰にも言えない申し分ない旦那のノロケ話を言葉にできない胸の内を書きたいと思います。

 

 

 

子どもを産んでから知った事

目に見えない世界はあるんだって事。

 

 

子どもたちは自分で親を選んでくる。

胎内記憶ももっていて

 

 

娘はわたしと旦那が付き合う前の

独身の時の旦那がアキレス腱を切った時のことを3歳の時に話してくれました。

 

 

それに何か見える勘が強くて

その度にわたしも不思議な体験をさせられたこともあり

 

 

見えない世界はあるんだなぁ

と半信半疑ではありますが思うようになりました。

 

 

 

だから初体験のことを思い出すと本当に胸が苦しいし恥ずかしい

なんか氣持ちが重いというか

なんとも言えない氣持ちになる。。

 

 

 

わたしは今まで心が震えるような

心から湧き上がるような恋焦がれて

 

 

ただその人の存在があるだけで嬉しくて会うたびにただその人と居る時間が愛おしくて

 

 

そんな風に思う相手は旦那の前にもう1人居ました。

 

 

その事も後々書きたいと思います。

死ぬ前にもう一度会いたい人というならきっとその人だろうなぁ。。

 

 

 

広告を非表示にする